リノベーション団地を購入するために重要なことは・・・

ローンが組めるか?耐久性はどうなのか?建物はリノベーションできるのか?等々 購入するまでに調べておきたいことがたくさんあります。

私のような素人がどこでどうやって調べてよいのかもねったで下調べをしていたら 実際購入の段階までにどのくらい時間がかかるのか?

そんな問題があるなぁって 感じたのでプロに依頼することが必要だなって感じていました。


たとえば リノベーション団地全体のチェックポイントについて 購入前にアドバイスをいただきました。

もちろん ローンやリノベーションができるかどうかを始めとしてですが その一部を紹介します。


高さに関するチェックポイントととしては

何箇所か内覧したんですが 1~2階を見た時に言われたのが 特に北側の部屋について結露やカビの温床となりやすいと思って確認するようなアドバスがありました。

確認するポイントとしては 北側の部屋の窓枠(サッシ枠)のビスをみるとわかるそうです。

と言うのも 結露やカビがある部屋であれば 窓枠のビスが黒く錆びてるそうです。

それに たとえリノベーションやハウスクリーニングが完了していても 窓枠のビスまで綺麗に清掃している部屋は 殆どないから その辺りを目安にすると良いようです。

小さな子供の部屋になったとしても カビの発生しやすい部屋に住まわせるわけには行けませんからね。


同じように 最上階の場合は屋根が熱せられて暑い場合も考え物だそうです。

特に 団地でよく見かける屋根の形状が陸屋根の場合 太陽光で熱せられた屋根の熱は最上階の部屋の天井に伝わり易いですから 下層階に比べると室温が高くなるそうです。

最悪 冷房の効果に影響もあって 冷房費がかさむことも予想されるそうです。


分電盤(ブレーカー)をチェックします。

もしオール電化に替えたいときは60Aが目安になりますからね。


水圧が低いとシャワーが弱いかどうかも確認する必要もあるとか。

築年数が古い中古マンションの場合 水道の水圧が低くシャワーの勢いが弱い建物があります。

なので 内覧をした時はシャワーを出して水圧のチェックをするようにしましょう。


さらに エアコンの取付け位置も確認すること。

北側の部屋や窓の無い部屋の場合 エアコンを取り付け出来ない場合があります。

なので 各居室にエアコン用コンセントと配管口の有無をチェックしましょう。

さらに ベランダや廊下などに室外機を設置できるかの確認も必要だそうです。


また ベランダでの注意するポイントは

・雨水排水管からの水漏れがしている場合 ベランダがジメジメしている事もあります。

・緊急避難用梯子などがあるとベランダを使用する際に それが邪魔になる場合があります。

・内覧時にベランダから少し顔を乗り出して 隣戸のベランダの状況も確認しましょう。

もし 隣戸がゴミ屋敷だったたり動物が居たりすると臭気を感じる場合があるかもしれませんからね。


等々 たくさんのアドバイスをもらって 今の住まいに決めました。

なので この会社に出会えなかったらスムーズに決めることもできないし せっかくの新居なのに住んでから悩み事が増えたかもしれないですね。


→リノベーション


このリノベーション団地に住んでいることに 大変満足しています。

子供が 日当たりの良い部屋 緑の多い地域で伸び伸びと育っているのを見ると ここで子育てができることに満足感でいっぱいです(^_-)-☆

この記事へのコメント